TOPへ戻る
最終更新日:2021.7.15
名称

カンヒザクラ(寒緋桜)

ヒカンザクラ(緋寒桜)
学名
Cerasus campanulata
Prunus cerasoides var. campanulata
Prunus campanulata
性状
小高木/冬季落葉
大きさ
高さ:5~8m/葉身長:10cm/花径:25~30mm/果径:8~12mm
形態
花期は3月上旬~中旬頃。葉の展開前に開花する。花は濃紅色で釣鐘形の中輪一重で、平開せず、つぼまったまま下向きに咲く。萼筒は紅紫色のカップ形。花弁は散らず、萼のついた状態で落花する。葉は先が尖った楕円形〜倒卵形で、鋸歯があり、互生する。秋に落葉する。
品種
八重咲きの品種がある。
原産地
日本(沖縄)、台湾
利用
庭木、公園樹。
カンヒザクラ
千葉県千葉市、公園
2016.3.5
カンヒザクラ
千葉県千葉市、公園
2016.3.5
カンヒザクラ
東京都文京区、小石川植物園
2006.3.18
カンヒザクラ
千葉県千葉市、公園
2021.7.5
カンヒザクラ
千葉県八千代市、京成バラ園
2021.7.10
カンヒザクラ
千葉県千葉市、公園
2021.7.5
カンヒザクラ
千葉県八千代市、京成バラ園
2021.7.10
カンヒザクラ
千葉県千葉市、公園
2021.7.5
カンヒザクラ
千葉県八千代市、京成バラ園
2021.7.10
カンヒザクラ
千葉県千葉市、公園
2016.3.5
カンヒザクラ
東京都文京区、小石川植物園
2006.3.18
NOTE
TOPへ戻る