TOPへ戻る
最終更新日:2021.7.15
名称

シナミザクラ(支那実桜)

カラミザクラ(唐実桜)
学名
Cerasus pseudocerasus
Prunus pseudocerasus
性状
低木〜小高木/冬季落葉
大きさ
高さ:2~8m/葉身長:5〜12cm/葉柄長:5〜15mm/花径:15~25mm/果径:1.5cm
形態
花期は3月上旬~中旬頃。葉の展開前に開花する。花は白色〜淡紅色の5弁花で、平開し、花弁の先は切れ込みがある。たくさんの雄しべが長く出て目立つ。萼筒はカップ形。萼筒と花柄は赤味を帯び、短毛が密生する。葉は先が尖った楕円形で、鋸歯があり、互生する。果実は球形の核果で、5~6月頃、赤色に熟す。
原産地
中国(中部)
利用
果実が食用になる。
シナミザクラ
東京都文京区、小石川植物園
2009.3.11
シナミザクラ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.6.25
シナミザクラ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.6.25
シナミザクラ
東京都文京区、小石川植物園
2009.3.11
TOPへ戻る