TOPへ戻る
最終更新日:2021.8.1
名称

セイヨウサンザシ(西洋山査子)

英名
Midland hawthorn, English hawthorn, Woodland hawthorn
学名
Crataegus laevigata
Crataegus oxyacantha
性状
低木〜小高木/冬季落葉
大きさ
高さ:4〜7m/棘長:10〜25mm/葉身長:1.5〜6cm/葉柄長:0.8〜2cm/花径:15~18mm/果径:10~12mm
形態
幹は灰褐色で、縦に裂ける。枝には短枝が変形した棘がある。葉は光沢があり、卵形、または掌状に3〜9裂し、粗く不揃いな鋸歯がある。4〜5月頃、枝先に白い5弁花を咲かせる。雄しべは多数。果実は扁球形の偽果で、赤色に熟す。果実の先端に萼片が残る。
品種
花弁がピンク色、八重咲き、果実が黄色い品種などがある。
原産地
ヨーロッパ(中部)、イギリス、北アフリカ、中央アジア
生育
日当たり良く。やや湿った水はけの良い土壌を好む。
利用
庭木、生け垣、公園樹。花、葉、果実は薬用に利用される。

品種

名称

セイヨウサンザシ(西洋山査子)‘ポールズスカーレット’

学名
Crataegus laevigata ‘Paul’s scarlet’
特徴
花は濃いピンク色の 八重咲き。
セイヨウサンザシ‘ポールズスカーレット’
千葉県習志野市、谷津公園
2021.5.6
セイヨウサンザシ‘ポールズスカーレット’
千葉県習志野市、谷津公園
2021.5.6
セイヨウサンザシ‘ポールズスカーレット’
千葉県習志野市、谷津公園
2021.5.6
NOTE
TOPへ戻る