TOPへ戻る
最終更新日:2021.8.1
名称

オオリキュウバイ(大利久梅)

学名
Exochorda x macranthe
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:2~4m/葉身長:4〜6cm/葉幅:1〜2cm/花径:35~45mm/果径:10~15mm
形態
樹皮は黄褐色。よく分枝する。葉は先が丸い長倒卵形〜長楕円形で、全縁だが時々葉先付近に鋸歯が見られ、互生する。4~5月頃、枝先に総状花序を作り、白い5弁花を咲かせる。花の中央部分は緑色で、その周囲に20本前後の雄しべがある。果実は5つの稜がはっきりした広倒卵形。
品種
コンパクトで枝がアーチ状に垂れる栽培品種の「‘The Bride’」は欧米で人気がある。
原産地
種間交雑の園芸品種。
交配親は「Exochorda korolkowii」〔トルキスタン原産〕と「リキュウバイ(利久梅)Exochorda racemosa」〔中国(揚子江下流域)原産〕。
オオリキュウバイ
東京都文京区、小石川植物園
2007.3.28
オオリキュウバイ
東京都文京区、小石川植物園
2007.3.28
オオリキュウバイ
東京都文京区、小石川植物園
2009.4.11
オオリキュウバイ
東京都文京区、小石川植物園
2007.3.28
オオリキュウバイ
東京都文京区、小石川植物園
2007.4.10
オオリキュウバイ
東京都文京区、小石川植物園
2007.4.10
オオリキュウバイ
東京都文京区、小石川植物園
2007.3.28
TOPへ戻る