TOPへ戻る
最終更新日:2021.8.1
名称

セイヨウリンゴ(西洋林檎)

英名
Apple
学名
Malus domestica
Malus pumila var. domestica
Malus pumila
性状
低木〜高木/冬季落葉
大きさ
高さ:5~15m/葉身長:6~10cm/葉柄長:1.5~3cm/花径:30~40mm/果柄長:1〜2.5cm/果径:4~12cm
形態
樹皮は紫褐色で滑らかだが、古くなると灰褐色になって不規則に裂ける。新枝には軟毛が密生する。葉は先が尖った楕円形~卵形で、鋸歯があり、葉柄があり、互生する。4~5月頃、短枝の先に4~6本ほどの花柄を出し、白色〜淡桃色の5弁花を咲かせる。果実は梨状果で、秋に赤色や黄色などに熟す。
品種
世界で数千〜1万以上の品種があるとされている。
原産地
ヨーロッパで中央アジア原産の雑種から育成された。
生育
比較的寒地を好むので、青森県、長野県などで多く栽培される。
利用
果樹、庭木。果実は生食、加工食品などに利用される。
セイヨウリンゴ
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.4.19
セイヨウリンゴ
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.4.19
セイヨウリンゴ
千葉県八千代市、京成バラ園
2018.6.25
セイヨウリンゴ
千葉県八千代市、京成バラ園
2021.7.10
セイヨウリンゴ
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.7.11
セイヨウリンゴ
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.7.11
セイヨウリンゴ
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.4.19
セイヨウリンゴ
千葉県八千代市、京成バラ園
2018.6.25
セイヨウリンゴ
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.4.19
セイヨウリンゴ
果実(未熟)
千葉県八千代市、京成バラ園
2021.6.9
セイヨウリンゴ
果実(未熟)
千葉県八千代市、京成バラ園
2021.7.10

品種

名称

セイヨウリンゴ(西洋林檎)‘メイポール’

学名
Malus domestica ‘Maypole’
特徴
「バレリーナツリー」と呼ばれる、枝が横に広がらず、樹形が縦にコンパクトにまとまる箒立ち性の品種。花は濃ピンク色。果実はゴルフボール程度の大きさで、果肉も赤い。
セイヨウリンゴ‘メイポール’
千葉県八千代市、京成バラ園
2009.4.19
セイヨウリンゴ‘メイポール’
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.4.19
セイヨウリンゴ‘メイポール’
千葉県八千代市、京成バラ園
2019.4.15
セイヨウリンゴ‘メイポール’
千葉県八千代市、京成バラ園
2019.4.15
セイヨウリンゴ‘メイポール’
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.7.11
セイヨウリンゴ‘メイポール’
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.7.11
セイヨウリンゴ‘メイポール’
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.4.19
セイヨウリンゴ‘メイポール’
千葉県八千代市、京成バラ園
2009.4.19
名称

セイヨウリンゴ(西洋林檎)‘ポルカ’

学名
Malus domestica ‘Polka’
特徴
「バレリーナツリー」と呼ばれる、枝が横に広がらず、樹形が縦にコンパクトにまとまる箒立ち性の品種。花は淡ピンク色。果実は中型の大きさ。
セイヨウリンゴ‘ポルカ’
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.4.19
セイヨウリンゴ‘ポルカ’
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.4.19
セイヨウリンゴ‘ポルカ’
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.7.11
セイヨウリンゴ‘ポルカ’
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.7.11
セイヨウリンゴ‘ポルカ’
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.4.19
TOPへ戻る