TOPへ戻る
最終更新日:2021.8.1
名称

ズミ(酸実)

コリンゴ(小林檎)
ミツバカイドウ(三葉海棠)
英名
Toringo crabapple, Siebold crabapple
学名
Malus toringo
Malus toringo var. sargentii
Malus baccata subsp. toringo
Malus sieboldii
名の由来
「ズミ」は、樹皮が染料となり、“染み(そみ)”から。あるいは、果実が酸っぱいことから。
性状
小高木/冬季落葉
大きさ
高さ:5~10m/葉身長:3~7cm/葉柄長:1~2.5cm/花径:20~30mm/果柄長:2〜2.5cm/果径:0.6~1cm
形態
樹皮は紫褐色で滑らかだが、古くなると不規則に裂ける。枝には棘がある。葉は先が尖った楕円形~長楕円形で、鋸歯があり、葉柄があり、互生する。長い新枝につく葉は、しばしば3〜5裂する。4~5月頃、短枝の先に4~6本ほどの花柄を出し、淡い紅色や白色の5弁花を咲かせる。果実はほぼ球形の梨状果で、秋に赤色や黄褐色に熟す。
原産地
日本(北海道、本州、四国、九州)、朝鮮半島
利用
庭木。かつては他のリンゴ類の台木にされた。樹皮からは黄色の染料が作られる。
ズミ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
ズミ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
ズミ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
ズミ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.6.25
ズミ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.5.26
ズミ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.6.25
TOPへ戻る