TOPへ戻る
最終更新日:2021.8.1
名称

ウワミズザクラ(上溝桜)

アンニンゴ(杏仁香、杏仁子)
英名
Japanese bird cherry
学名
Padus grayana
Prunus padus var. japonica
Prunus grayana
名の由来
「ウワミズザクラ」は、古代、材の表皮に溝を彫って占いに用いたことから。
性状
高木/冬季落葉
大きさ
高さ:10〜15m/葉身長:6〜9cm/花序長:8〜15cm/花径:6〜7mm/果長:0.8cm
形態
樹皮は灰~褐色。葉は先が尾状に尖った楕円形で、細かい鋸歯があり、互生する。5月頃、葉が展開した後に、本年枝の先端に総状花序を出す、花は白色5弁で、長く多数ある雄しべが目立つ。花序枝の下側には3〜5枚の葉がつく。花後、萼片が脱落し、先端が尖った球形の核果ができる。果実は、黄色→赤と変化し、8〜9月頃赤黒色に熟す。花柄は赤い。
類似
「ウワミズザクラ」は、花序の下に葉が3〜5枚つき、花後、萼片が脱落する。
イヌザクラ」は、花序の下に葉がなく、果期にも萼片が残る。
原産地
日本(北海道〜九州)、中国中部
利用
日当りと湿潤な環境を好む。
利用
材は建材や細工物に利用される。果実は果実酒に利用される。蕾と果実は塩漬けに利用される。
ウワミズザクラ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
ウワミズザクラ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
ウワミズザクラ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
ウワミズザクラ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
ウワミズザクラ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.6.25
ウワミズザクラ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.6.25
ウワミズザクラ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
ウワミズザクラ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
ウワミズザクラ
果実(未熟)
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.6.25
TOPへ戻る