TOPへ戻る
最終更新日:2021.8.1
名称

カマツカ(鎌柄)

ウシゴロシ(牛殺し)
ケナシウシゴロシ(毛無し牛殺し)
英名
Japanese photinia
学名
Pourthiaea villosa var. villosa
Pourthiaea villosa var. zollingeri
Pourthiaea villosa var. laevis
Photinia villosa
名の由来
「カマツカ」は、材が硬くて丈夫なため鎌の柄に使われたので。
「ウシゴロシ」は、牛に鼻輪を付ける時に、この木で穴を開けたことから。
性状
低木~小高木/冬季落葉
大きさ
高さ:3~7m/葉身長:4~8cm/花径:8~10mm/果長:7~9mm
形態
樹皮は暗灰色で縦にしわが寄り、班紋がある。葉は先が尖った倒卵形~長楕円形で、鋭い鋸歯があり、表面は淡緑色、裏面は灰白緑色で、長枝には互生し、短枝には3枚が輪生する。4~5月頃、短枝の先に複散房花序を作り、白い花を10〜20個咲かせる。花弁は5個で円形。20個程の雄しべが突き出る。果実は長球形の梨状果で、秋に赤く熟し、先端に萼片が残る。果柄にはイボ状の皮目がある。
原産地
日本(北海道~九州)、朝鮮、中国
生育
山地の雑木林や林縁など、水はけがよく明るい場所に自生する。
利用
材は強靭で、農具の柄などに使われる。また、細工小物、薪炭、シイタケの原木にも利用される。
カマツカ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
カマツカ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
カマツカ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
カマツカ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
カマツカ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
TOPへ戻る