TOPへ戻る
最終更新日:2021.10.15
名称

タチバナモドキ(橘擬)

ホソバトキワサンザシ(細葉常盤山櫨子)
学名
Pyracantha angustifolia
名の由来
「タチバナモドキ」は、果実がミカン科の「タチバナ」に似ていることから。
angustifolia」は、“狭葉の”の意。
性状
低木/常緑
大きさ
高さ:2~5m/葉身長:2~6cm/葉幅:0.5~1.5cm/花長:8~10mm/果径:8mm
形態
幹は自立性に乏しく、細く伸び上がって棘で他の木に引っかかるようにして生長する。幹や枝に鋭い棘がある。葉は狭倒卵形〜狭楕円形で、わずかに細鋸歯があるか全縁で、葉裏には白っぽい軟毛が密生し、互生する。5〜6月頃、枝先に散房花序を作り、白い5弁花を咲かせる。果実は扁球形の梨状果で、頂部に萼片が残り、最初綿毛に覆われているが、10〜12月頃、毛が脱落して橙黄色に熟す。
類似
「タチバナモドキ」は葉が細長い。葉裏には白っぽい軟毛が密生する。果実は扁球形の橙黄色。
トキワサンザシ」は葉が幅広いものが混ざる。果実は球形の赤色で小さめ。
カザンデマリ」は葉が細長い。果実は扁球形の赤色〜朱色。
原産地
中国(南西部)
生育
日当たりを好む。乾湿に耐え、土質も問わない。萌芽力が強いので、適宜刈り込みをする。繁殖は挿し木。
利用
庭木、生け垣、公園樹、鉢植え。
タチバナモドキ
千葉県千葉市、路上
2007.5.12
タチバナモドキ
千葉県習志野市、水路脇土手
2017.1.5
タチバナモドキ
千葉県習志野市、空き地
2006.1.3
タチバナモドキ
千葉県千葉市、路上
2007.5.12
TOPへ戻る