TOPへ戻る
最終更新日:2021.8.15
名称

シロヤマブキ(白山吹)

英名
Black jetbead
学名
Rhodotypos scandens
Rhodotypos kerrioides
名の由来
「シロヤマブキ」は、「ヤマブキ」に似て、白い花を咲かせることから。
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:1~2m/葉身長:4~10cm/葉幅:2~5cm/花径:30~40mm/果長:0.7cm
形態
株立ち樹形で、幹は細く、丈が高くなると枝垂れる。葉は先が細く尖った卵形で、鋭い重鋸歯があり、裏面には絹毛が密生し、葉脈が明瞭で、対生する。4~5月頃、新しい側枝の先に白色の4弁花を1個咲かせる。果実は長球形の痩果で、4個が集まってつく。10月頃、光沢がある黒色に熟し、長く枝に残り、翌年の花期まで残る。
原産地
日本(中国地方)、中国、朝鮮半島
生育
強健で栽培容易。明るい日影を好む。乾燥を嫌う。繁殖は実生、または株分け。
利用
庭木、公園樹、花材。
シロヤマブキ
東京都新宿区、集合住宅
2006.4.15
シロヤマブキ
千葉県習志野市、公園
2021.8.9
シロヤマブキ
千葉県習志野市、公園
2021.8.9
シロヤマブキ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.10.13
シロヤマブキ
千葉県習志野市、公園
2020.12.15
シロヤマブキ
千葉県習志野市、公園
2020.1.12
シロヤマブキ
千葉県習志野市、公園
2021.8.9
シロヤマブキ
東京都新宿区、集合住宅
2006.4.15
シロヤマブキ
果実
東京都新宿区、新宿御苑
2005.10.13
NOTE
TOPへ戻る