TOPへ戻る
最終更新日:2021.9.15
名称

カジイチゴ(構苺、梶苺)

学名
Rubus trifidus
名の由来
「カジイチゴ」は、葉の形がクワ科の「カジノキ」の葉に似ていることから。
性状
低木/半常緑
大きさ
高さ:2~3m/葉身長:6~15cm/花径:30~40mm/果径:10mm
形態
新枝には軟毛や短い腺毛があるが、後に無毛になる。枝に棘は無い。葉は掌状に3〜7裂し、鋸歯があり、互生する。4〜5月頃、白色の5弁花を咲かせる。果実は球形の集合果で、5月頃、薄黄色〜黄橙色に熟す。
原産地
日本(本州(関東以西の太平洋側)、四国、九州)
生育
海岸近くの山地の林縁などに自生。
カジイチゴ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
カジイチゴ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
カジイチゴ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.5.26
カジイチゴ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
カジイチゴ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
カジイチゴ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
カジイチゴ
果実
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.5.26
カジイチゴ
果実
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.5.26
NOTE
TOPへ戻る