TOPへ戻る
最終更新日:2021.9.15
名称

モミジイチゴ(紅葉苺)

学名
Rubus palmatus var. coptophyllus
Rubus edulis
名の由来
「モミジイチゴ」は、葉がモミジの葉に似ているところから。
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:0.5~2m/葉身長:7~15cm/花径:30mm/果径:10~15mm
形態
茎や葉柄には鋭い棘がある。葉は掌状に3〜5裂し、鋸歯があり、互生する。4〜5月頃、白色の5弁花を咲かせる。花は下向きに咲く傾向がある。果実は球形の集合果で、5〜6月頃、オレンジ色に熟す。
原産地
日本(北海道、本州、四国、九州)
生育
林縁、藪、伐採跡地などに自生する。
モミジイチゴ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
モミジイチゴ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
モミジイチゴ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.5.26
モミジイチゴ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.5.26
モミジイチゴ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
モミジイチゴ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
モミジイチゴ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.4.6
モミジイチゴ
果実
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.5.26
TOPへ戻る