TOPへ戻る
最終更新日:2021.9.15
名称

ナワシロイチゴ(苗代苺)

学名
Rubus parvifolius
名の由来
「ナワシロイチゴ」は、苗代を作る頃に果実が熟すことから。
性状
小低木/冬季落葉/蔓性
大きさ
高さ:0.2~0.6m/(頂小葉)葉身長:3~5cm/花径:35~40mm/果径:10~15mm
形態
枝は横に伸びて這い回り、棘で他物にひっかかりながら成長する。茎と葉には軟毛が密生し、腺毛や棘がまばらにある。葉は小葉3~5からなる奇数羽状複葉で、互生する。小葉は楕円形や菱形、倒卵形や、3裂する場合もある。鋸歯があり、葉裏は白い綿毛が密生する。5〜6月頃、ピンク色の花を咲かせる。5個の花弁が立ち上がり、平開しない。萼には綿毛が密生する。果実は球形の集合果で、7〜8月頃、赤色に熟す。
品種
葉色が鮮やかな黄緑色の園芸品種がある。
原産地
日本(北海道、本州、四国、九州、沖縄)、朝鮮、中国
生育
林縁や草地、道端などに自生する。
利用
庭植え、鉢植え。果実は甘く、食用になる。
ナワシロイチゴ
千葉県千葉市、道端
2021.5.14
ナワシロイチゴ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.5.26
ナワシロイチゴ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.6.25
ナワシロイチゴ
千葉県千葉市、道端
2021.5.14
ナワシロイチゴ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.6.25
ナワシロイチゴ
千葉県千葉市、道端
2021.5.14
ナワシロイチゴ
果実
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.6.25

品種

名称

ナワシロイチゴ(苗代苺)‘サンシャインスプレッダー’

学名
Rubus parvifolius ‘Sunshine Spreader’
特徴
葉色が鮮やかな黄緑色。
ナワシロイチゴ‘サンシャインスプレッダー’
千葉県流山市、住宅
2019.5.13
ナワシロイチゴ‘サンシャインスプレッダー’
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.6.25
ナワシロイチゴ‘サンシャインスプレッダー’
千葉県流山市、住宅
2019.5.13
ナワシロイチゴ‘サンシャインスプレッダー’
果実
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.6.25
TOPへ戻る