TOPへ戻る
最終更新日:2021.10.1
名称

イワシモツケ(岩下野)

学名
Spiraea nipponica var. nipponica
Spiraea nipponica f. oblanceolata
Spiraea nipponica f. rotundifolia
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:0.5~2m/葉身長:1~2.5cm/花序径:3~4cm/花径:5~7mm
形態
よく分枝し、岩場を這うように伸びる。今年枝は赤茶色で稜がある。葉は明緑色の広楕円形で、全縁または先端に数個の鋸歯があり、互生する。5~7月頃、枝先に半球状の花序を作り、白色の5弁花を多数咲かせる。雄しべは多数で、放射状に広がり、花弁と同じくらいの長さ。果実は袋果で、8〜9月頃熟す。
品種
葉が円形でやや小形の「マルバイワシモツケ」がある。
原産地
日本(北海道~本州)
生育
低山帯~亜高山帯の日当たりの良い岩場に自生する。
イワシモツケ
東京都文京区、小石川植物園
2008.5.15
イワシモツケ
東京都文京区、小石川植物園
2008.5.15
イワシモツケ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.5.26
イワシモツケ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.5.26
イワシモツケ
東京都文京区、小石川植物園
2008.5.15
イワシモツケ
東京都文京区、小石川植物園
2008.5.15
TOPへ戻る