TOPへ戻る
最終更新日:2021.10.15
名称

チャイブ

セイヨウアサツキ(西洋浅葱)
エゾネギ(蝦夷葱)
英名
Chives
学名
Allium schoenoprasum var. schoenoprasum
Allium schoenoprasum var. bellum
性状
多年草/冬季休眠(暖地では常緑)/球根(鱗茎)
大きさ
高さ:20~30cm/葉身長:20~30cm/花序径:25~30mm
形態
早春に萌芽、先が尖った細い筒状の葉が地際から叢生する。5~6月頃、花茎を立ち上げ、茎頂に袋状の総苞で包まれた花序ができ、総苞が開いて花を咲かせる。花序はほぼ球形。花被片は薄赤紫色で、6枚が半開する。開花は播種後、2年目以降。冬には地上部が枯れ、休眠する。
品種
変種に「アサツキ(浅葱) Allium schoenoprasum var. foliosum」がある。「チャイブ」に比べて花の数が少ない。
原産地
北半球の温帯~寒帯に広く分布
生育
日当りの良いやや湿り気のある土壌を好む。耐寒性は強いが暑さには弱い。繁殖は株分け。
利用
花壇植え、鉢植え、ドライフラワー。若葉を刻んで薬味に。蕾はサラダに利用。
チャイブ
千葉県習志野市、香澄公園
2007.5.3
チャイブ
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.4.19
チャイブ
千葉県習志野市、香澄公園
2007.5.3
NOTE
TOPへ戻る