TOPへ戻る
最終更新日:2021.10.15
名称

アリウム・ギガンテウム

ハナネギ(花葱)
オオハナニラ(大花韮)
英名
Giant onion
学名
Allium giganteum
性状
多年草/夏季〜冬季休眠/球根(鱗茎)
大きさ
高さ:60~100cm/葉身長:20~30cm/葉幅:5cm/花序径:10〜15cm/鱗茎径:10cm
形態
地下部に鱗茎ができる。早春に萌芽、地際から薄緑色で広披針形の葉を放射状に出す。5~6月頃、花茎を立ち上げ、茎頂に袋状の総苞で包まれた花序ができ、総苞が開いて花を咲かせる。花序は球形。花被片は鮮やかな赤紫色で、6枚が平開する。花が咲く頃には葉はやや黄色く枯れはじめている。花後、地上部が枯れ、休眠する。果実は蒴果。
原産地
中央アジア
生育
10~11月に球根を植え付け。水はけ、日当たりのよい場所で栽培する。球根は自然には分球しづらい。球根は暑さで腐りやすいので夏季の休眠期には掘り上げる。
利用
庭植え、鉢植え。
アリウム・ギガンテウム
千葉県千葉市、店舗花壇
2018.5.10
アリウム・ギガンテウム
千葉県千葉市、店舗花壇
2018.5.10
アリウム・ギガンテウム
花序
千葉県千葉市、店舗花壇
2018.5.11
アリウム・ギガンテウム
千葉県千葉市、店舗花壇
2018.5.11
TOPへ戻る