TOPへ戻る
最終更新日:2021.10.15
名称

ジャンボニンニク(ジャンボ蒜、ジャンボ大蒜)

学名
Allium ampeloprasum var. ampeloprasum
解説
Allium ampeloprasum」は「リーキ」。「ジャンボニンニク」は変種。ニンニク特有の臭いが少ない。
性状
多年草/夏季休眠/球根(鱗茎)
大きさ
高さ:80~100cm/葉身長:20~40cm/葉幅:3.5cm/花序径:6cm/鱗茎径:10〜15cm
形態
地下部に鱗茎ができる。鱗茎は4~7個の小鱗茎に分かれ、白色の鱗葉を被る。鱗茎の周りには、珠芽(しゅが、むかご)が数個できる。秋に萌芽し、小さな苗で越冬する。葉は扁平な紐状で互生し、葉の基部は重なり合う。5〜6月頃、花茎を立ち上げ、茎頂に袋状の総苞で包まれた花序ができ、総苞が開いて花を咲かせる。花序は球形。花被片は白色〜薄赤紫色で外側中央に赤紫色の筋が入り、すぼまったままで平開しない。夏に地上部が枯れ、休眠する。
品種
収穫時期や栽培適地、味などが違う様々な栽培品種がある。臭いがごく少ない「無臭ニンニク」がある。
原産地
地中海沿岸地域
生育
日当たり、水はけ良く。冷涼な気候を好むが強健で育てやすい。8〜10月頃植え付け、翌5〜6月頃収穫。珠芽(しゅが、むかご)からは、2年たたないと収穫はできない。
利用
地下にできる鱗茎が食用になる。花茎が食用になる。鱗茎は薬用に利用される。
ジャンボニンニク
千葉県船橋市、東邦大学、薬用植物園
2013.6.1
ジャンボニンニク
千葉県船橋市、東邦大学、薬用植物園
2013.6.1
ジャンボニンニク
総苞に包まれた花序
千葉県船橋市、東邦大学、薬用植物園
2013.6.1
NOTE
TOPへ戻る