TOPへ戻る
最終更新日:2021.10.15
名称

ノビル(野蒜)

学名
Allium macrostemon
Allium nipponicum
Allium grayi
性状
多年草/夏季休眠/球根(鱗茎)
大きさ
高さ:50~60cm/葉身長:20~30cm/花序径:2~3cm/花径:6~8mm/鱗茎径:1〜2cm
形態
地下部に鱗茎ができる。秋に萌芽、地際から先が尖った線形の葉を叢生する。葉は表面に白く粉を吹き、断面が半円形〜三日月型の中空。5月頃、花茎を立ち上げ、茎頂に袋状の総苞で包まれた花序ができ、総苞が開いて花を咲かせる。花は白〜薄赤紫色で、花被片は6枚。花の一部、または全部が紫褐色の珠芽(しゅが、むかご)になることが多い。果実は蒴果で、まれにできる。初夏には地上部が枯れ、休眠する。
原産地
東アジア
生育
畑地周辺や土手などに自生する。
利用
地下にできる鱗茎が食用の野草として利用される。
ノビル
千葉県千葉市、道端
2018.5.22
ノビル
千葉県習志野市、緑地
2013.5.16
ノビル
千葉県習志野市、公園
2013.5.17
ノビル
東京都新宿区、工事現場
2008.6.6
ノビル
千葉県千葉市、道端
2018.5.22
ノビル
総苞に包まれた花序
千葉県習志野市、公園
2013.5.17
ノビル
珠芽と蕾
千葉県習志野市、緑地
2013.5.17
ノビル
花と珠芽
東京都新宿区、工事現場
2008.6.6
TOPへ戻る