TOPへ戻る
最終更新日:2022.2.1
ヒノキ科
 
Cryptomeria(クリプトメリア)
スギ属
クリプトメリア属
名称

スギ(杉)

英名
Japanese cedar, Sugi
学名
Cryptomeria japonica
名の由来
「スギ」は、真直ぐの木“直木”から。
japonica」は、“日本の”の意。
性状
高木/常緑/雌雄異花
大きさ
高さ:30~60m/葉身長:7~10mm/果径:20~30mm
形態
幹は直立し、樹形は円錐形になる。樹皮は茶褐色で縦に長く裂ける。側枝は斜上する。葉は濃緑色で鎌状に曲がった針形で、枝に螺旋状に互生する。葉は冬季には褐色や茶褐色に変色し、枯れると小枝ごと落下する。雌雄異花で、2〜3月頃、枝先に雌花1〜2個をつけ、別の枝先に雄花多数をつける。雄花は長球形で薄黄土色、雌花はトゲトゲして薄緑色の葉の塊のよう。果実は球形の球果で、10月頃に褐色に熟す。
品種
古くから改良されており、多くの園芸品種がある。
原産地
日本(本州~屋久島)
生育
寒冷地には向かない。挿し木が容易。
利用
庭木、生け垣、花材、盆栽。並木に用いられたが、今は少ない。材はやや軽軟で、比較的狂いが少なく加工は容易だが、木目に沿って縦に割れやすい。耐水性はやや劣る。建築用材として最も多く用いられる他、建具、酒樽、電柱など用途が多い。樹皮は、造園で結束緩衝材として、また「ヒノキ」とともに檜皮葺の屋根用に利用される。葉は、乾燥して線香に用いる。
スギ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.6.25
スギ
東京都文京区、小石川植物園
2005.6.14
スギ
東京都文京区、小石川植物園
2005.6.4
スギ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.6.25
スギ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.6.25
スギ
東京都文京区、小石川植物園
2005.6.14
スギ
千葉県勝浦市
2015.10.18
スギ
千葉県勝浦市
2015.10.18
スギ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2022.1.28 220128_089
スギ
東京都文京区、小石川植物園
2005.6.4
スギ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2021.6.25
スギ
東京都新宿区、住宅
2006.3.21
スギ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2022.1.28 220128_089
スギ
雄花の蕾
茨城県つくば市、緑地
2022.1.28 220128_089
スギ
雄花と雌花の蕾
茨城県つくば市、緑地
2022.1.28 220128_089
スギ
雄花
東京都新宿区、住宅
2006.3.21
スギ
球果
茨城県つくば市、緑地
2022.1.28
スギ
球果
茨城県つくば市、緑地
2022.1.28

品種

名称

スギ(杉)‘メジロスギ(芽白杉)’

学名
Cryptomeria japonica ‘Albospica’
特徴
樹高は1~3m。分岐が多く、丸い樹形になる。新芽の穂先が白い。
芽白杉
千葉県習志野市、住宅
2017.5.26
スギ‘メジロスギ’
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.18
スギ‘メジロスギ’
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.18
NOTE
TOPへ戻る