TOPへ戻る
最終更新日:2022.5.15
ヒルガオ科
 
Evolvulus(エウォルウルス)
エボルブルス属
アサガオガラクサ属
エウォルウルス属
名称

エボルブルス・グロメラツス

英名
Brazilian dwarf morning glory
学名
Evolvulus glomeratus
解説
「アメリカンブルー」の名で園芸品種が流通するが、これは「エボルブルス・グロメラツス Evolvulus glomeratus」、または「エボルブルス・ヌッタリアヌス Evolvulus nuttallianus」(旧学名「エボルブルス・ピロスス Evolvulus pilosus」)、あるいはこの2種の交雑種とされ、はっきりとしない。園芸品種名は「‘ブルー・デイズ Blue Daze’」。
性状
多年草/常緑/匍匐性
大きさ
高さ:20~40cm/葉身長:2~3cm/葉幅:0.8~1.5cm/花径:20~25mm
形態
株元から分枝し、茎は斜上したあと匍匐する。葉や茎は白毛で覆われる。葉は鈍頭の楕円形〜卵形で、柄は無く、互生する。6~12月頃、茎先に花を咲かせる。花は5花弁が合着し、青色で中心部が白い。一日花で、晴れた日の朝に開き、夕方にはしぼむ。
原産地
ブラジル、パラグアイ
生育
寒さに弱い。日照不足や過湿に弱い。成長が早く、横に伸びる。こまめに摘心することでボリュームが出る。
利用
花壇植え、鉢植え。

品種

名称

エボルブルス・グロメラツス‘ブルー・デイズ’

アメリカン・ブルー
学名
Evolvulus glomeratus ‘Blue Daze’
解説
「アメリカン・ブルー」の名で流通する。ここでは「エボルブルス・グロメラツス」の園芸品種と仮定。
エボルブルス・グロメラツス‘ブルー・デイズ’
東京都新宿区、住宅
2007.9.18
エボルブルス・グロメラツス‘ブルー・デイズ’
東京都新宿区、住宅
2007.9.18
エボルブルス・グロメラツス‘ブルー・デイズ’
東京都新宿区、住宅
2007.9.18
エボルブルス・グロメラツス‘ブルー・デイズ’
東京都新宿区、住宅
2007.9.18
NOTE
TOPへ戻る