最終更新日:2018.5.1
名称

アジュガ・レプタンス

セイヨウキランソウ(西洋金瘡小草)
セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)
ビューグル
英名
Carpet bugle
学名
Ajuga reptans
分類
Lamiaceae (Labiatae)
Ajuga(アユガ)
名の由来
Ajuga」は、ギリシャ語で“束縛しない”の意。 花冠の形を形容したといわれる。
性状
多年草/常緑/匍匐性
大きさ
高さ:10~30cm/葉身長:4~6cm/花序長:10~15cm/花長:10mm
形態
花の無い時期はロゼット状ですごし、春になると茎を立ち上げ、茎頂に穂状花序を作る。同時に脇にはランナーを伸ばし、ランナーの節から根を出して増殖する。葉は倒卵形でゆるい鋸歯があり、葉脈に沿って皺があり、対生する。葉色は紫色を帯びた深緑色で、冬には紫褐色になり、やや光沢がある。4月中旬~5月上旬頃、茎頂に穂状花序を作り、葉腋に青紫色の唇形花を下から順に咲かせる。
類似
「アジュガ・レプタンス」は春にランナーを伸ばす。
ジュウニヒトエ」にはランナーは無い。
品種
葉色が黒紫や、斑入りのもの、花色が白、ピンクなどの品種がある。
原産地
ヨーロッパ、中央アジア
生育
耐寒性、耐陰性が強く、水切れを嫌う。繁殖は、ランナーが出るので、春か秋にこれを差し芽する。
利用
半日陰のグランドカバー、鉢植え。ヨーロッパでは、沈痛効果のある傷薬として用いられた。
アジュガ・レプタンス
千葉県八千代市、京成バラ園
2009.4.19
アジュガ・レプタンス
東京都新宿区、緑地帯
2007.4.29
アジュガ・レプタンス
東京都新宿区、戸山公園
2006.4.15
アジュガ・レプタンス
東京都新宿区、公園
2008.4.25
アジュガ・レプタンス
東京都新宿区、緑地帯
2007.4.29
アジュガ・レプタンス
東京都新宿区、戸山公園
2006.4.15

品種

品種いろいろ
アジュガ・レプタンス
東京都新宿区、住宅、鉢植え
2010.4.25
アジュガ・レプタンス
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2010.5.8
NOTE
ページ top