最終更新日:2012.7.30
名称

マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)

英名
Scarlet creeper
学名
Ipomoea coccinea
Quamoclit angulata
Quamoclit coccinea
分類
Convolvulaceae
Ipomoea(イポモエア)
性状
多年草/蔓性(巻きつき)
大きさ
葉長:4~6cm/花径:20mm
形態
茎は蔓になって、上から見て反時計回りに、他物に巻きつきながら成長する。葉は心形で、長い葉柄があり、互生する。8~10月頃、葉腋に漏斗形の花を咲かせる。花冠が5浅裂するものもある。花は早朝に開き、昼過ぎには萎む一日花。花の色は朱色で中心部は薄黄色。果実は先が尖った扁球形の蒴果で、下向きにつく。
原産地
熱帯アメリカ
生育
道端、空き地などに自生。帰化植物。
マルバルコウソウ
東京都江東区、木場公園
2012.7.22
マルバルコウソウ
東京都江東区、木場公園
2012.7.22
マルバルコウソウ
東京都江東区、木場公園
2012.7.22
マルバルコウソウ
東京都文京区、小石川植物園
2007.10.6
マルバルコウソウ
果実
東京都文京区、小石川植物園
2007.10.6
NOTE
ページ top