最終更新日:2012.7.30
名称

イヌマキ(犬槇)

マキ(槇)
クサマキ(草槇)
学名
Podocarpus macrophyllus
分類
Podocarpaceae
Podocarpus(ポドカルプス)
名の由来
「イヌマキ」は、「スギ」の古名である「マキ」に、より劣るという意味のイヌを付けたもの。
性状
高木/常緑/雌雄異株
大きさ
高さ:20m/葉長:10~18cm/花長(雄):20~30mm/果径:8mm/花托長:15mm
形態
幹は直立してややねじれる。葉は扁平な線形で、全縁の革質、互生する。5~6月に、葉腋に3~5個の円柱状の雄花が束生する。雌花は1cmほどの柄の先につき、基部には小さな包葉がある。10月頃、果実は粉青白色に熟し、その下の花托も膨らんで暗赤色に色づく。花托は甘くて食べられる。果実は雌木単独でもできる。
品種
変種に、葉が小さく節間が詰まった「ラカンマキ」がある。
原産地
日本(関東南部~沖縄)、中国、台湾
生育
寒冷地には適さない。成長は遅いが、刈り込みに耐える。やや日陰に耐え、乾燥に強い。移植しやすい。耐潮性がある。
利用
庭木としては高級品。生け垣や、整形して庭の主木に利用される。矮性種は盆栽に使われる。材は緻密で耐水性に優れ、耐朽性があり、建築材、土木材、器具材に使われる。特に桶類に適する。白蟻に強いので、害が多い沖縄では、一級の建築材とされる。
イヌマキ
九十九里の民家の生け垣は「イヌマキ」が標準装備
千葉県山武郡九十九里町、住宅
2012.7.28
イヌマキ
東京都文京区、学校
2005.7.10
イヌマキ
雄花が咲いている
千葉県千葉市、歩道沿緑地帯
2008.6.14
イヌマキ
雌花が咲いている
千葉県千葉市、歩道沿緑地帯
2008.6.14
イヌマキ
実がなっている
千葉県千葉市、歩道沿緑地帯
2008.10.4
イヌマキ
東京都文京区、学校
2005.7.10
イヌマキ
雄花
千葉県千葉市、歩道沿緑地帯
2008.6.14
イヌマキ
雌花
千葉県千葉市、歩道沿緑地帯
2008.6.14
イヌマキ
果実(未熟)
千葉県千葉市、歩道沿緑地帯
2008.7.26
イヌマキ
果実
東京都文京区、小石川植物園
2008.9.23

品種

名称

羅漢槇(らかんまき)

学名
Podocarpus macrophyllus var. maki
特徴
葉が小さく、節間が詰まる。
ラカンマキ
東京都新宿区、緑地
2009.4.30
ラカンマキ
東京都調布市、神代植物公園
2007.3.24
NOTE
ページ top