TOPへ戻る
最終更新日:2016.7.19
名称

ヒイラギナンテン(柊南天)

トウナンテン(唐南天)
英名
Japanese mahonia
学名
Berberis japonica
Mahonia japonica
名の由来
「ヒイラギナンテン」は、「ナンテン」のような枝振りと、「ヒイラギ」のような棘のある葉から。
性状
低木/常緑
大きさ
高さ:1~3m/葉長:30~40cm/小葉長:4~9cm/花序長:10~15cm/花径:5~8mm/果長:7~10mm
形態
樹形は株立状で、茎は細くて枝分かれが少ない。葉は5~8対の小葉から成る奇数羽状複葉で、小葉の鋸歯先端は棘になっている。冬には、赤銅色に紅葉する。3~4月に、枝の先端に4~7本の総状花序を出し、根本の方から順次咲く。花序は下に垂れる。花弁のように見えるものは顎片で9枚あり、花弁6枚が中心部に集まって筒状になる。果実は液果で、6~7月に、表面に白い粉を吹いた藍黒色に熟す。
原産地
中国南部、台湾、ヒマラヤ
生育
半日陰、やや粘質の肥沃土で湿潤な所が適地。暑さ寒さ、乾燥にも比較的強く、日陰にも強い。
利用
庭木、根締め、公園樹、緑地帯。
ヒイラギナンテン
東京都新宿区、公園
2006.3.14
ヒイラギナンテン
千葉県習志野市、公園
2007.3.21
ヒイラギナンテン
千葉県習志野市、公園
2016.7.7
ヒイラギナンテン
東京都新宿区、戸山公園
2006.7.16
ヒイラギナンテン
東京都新宿区、戸山公園
2006.2.18
ヒイラギナンテン
東京都新宿区、集合住宅
2006.3.14
ヒイラギナンテン
果実
東京都新宿区、集合住宅
2006.6.7
NOTE
TOPへ戻る