TOPへ戻る
最終更新日:2021.7.15
名称

コヒガンザクラ(小彼岸桜)

ヒガンザクラ(彼岸桜)
学名
Cerasus subhirtella
Prunus subhirtella
性状
低木〜小高木/冬季落葉
大きさ
高さ:3~8m/葉身長:3〜8cm/葉柄長:10〜20mm/花径:20~25mm
形態
樹形は盃状。樹皮は紫褐色で、横に短い皮目がある。花期は3月下旬頃。葉の展開前に開花する。花は淡紅色の5弁花で、平開し、花弁の先は切れ込みがある。萼筒は紅紫色の筒形で、下部が丸く膨らむ。葉は先が尖った倒卵形で、鋸歯があり、互生する。
原産地
マメザクラ」と「エドヒガン」との交雑種と推定されている。
利用
庭木、公園樹。
コヒガンザクラ
千葉県千葉市、緑地
2021.4.1
コヒガンザクラ
東京都新宿区、新宿御苑
2006.3.23
コヒガンザクラ
千葉県千葉市、緑地
2021.4.1
コヒガンザクラ
千葉県千葉市、緑地
2021.7.5
コヒガンザクラ
千葉県千葉市、緑地
2021.7.5
コヒガンザクラ
千葉県千葉市、緑地
2021.7.5
コヒガンザクラ
千葉県千葉市、緑地
2021.7.5
コヒガンザクラ
東京都新宿区、新宿御苑
2006.3.23
コヒガンザクラ
千葉県千葉市、緑地
2021.4.1
コヒガンザクラ
千葉県千葉市、緑地
2021.4.1

品種

名称

タカトオコヒガンザクラ(高遠小彼岸桜)

解説
長野県の天然記念物で、長野県高遠町に植栽されている。
特徴
花がやや大きく、色もやや濃いピンク色になる。
コヒガンザクラ
東京都新宿区、戸山公園
2006.3.21
コヒガンザクラ
東京都新宿区、戸山公園
2006.3.21
TOPへ戻る