最終更新日:2017.12.1
名称

マンリョウ(万両)

英名
Coralberry, Coral ardisia, Spiceberry
学名
Ardisia crenata
Ardisia crenata var. lanceolata
Bladhia crenata
分類
Primulaceae
Ardisia(アルディシア)
名の由来
「マンリョウ」は、「センリョウ」と比較して、より果実がたくさん付くことから。
性状
小低木/常緑
大きさ
高さ:0.3~1m/葉身長:7~15cm/葉柄長:2~5mm/花径:8mm/果長:5~6mm
形態
ほとんど枝分かれせずに、まっすぐ主幹を立てる。葉は先が尖った長楕円形で、縁はやや波打ち、丸い鋸歯があり、枝先に集まって互生する。6~7月頃、2年枝の先に散形花序を作る。花冠は白く、5裂し、先端は反り返る。果実は液果状の核果で、1月頃に赤く熟し、1年以上残る。
品種
果実が大きいものや、実のいろが白や黄色のもの、葉に斑が入るもの、葉縁が大きく波うつものなど、江戸時代から、多くの園芸品種が作出されている。
原産地
日本(関東~沖縄)、朝鮮南部、台湾、中国南部、インド
生育
暖地性。丈夫で育てやすいが、生長が遅い。耐陰性がある。乾燥には極めて強い。繁殖は、実生、挿し木、取り木。実生だと、園芸品種の場合、親と同じにならない場合がある。
利用
庭木の根締め、鉢植え。
マンリョウ
千葉県習志野市、住宅
2006.12.30
マンリョウ
千葉県習志野市、住宅
2006.12.30
マンリョウ
千葉県習志野市、住宅
2017.11.27
マンリョウ
千葉県習志野市、住宅
2017.11.27
マンリョウ
千葉県習志野市、住宅
2007.7.28
マンリョウ
果実
千葉県習志野市、住宅
2006.12.30
マンリョウ
果実
千葉県習志野市、住宅
2017.11.27

品種

名称

シロミノマンリョウ(白実万両)

学名
Ardisia crenata f. leucocarpa
特徴
果実が白い。
マンリョウ
千葉県習志野市、住宅
2006.12.30
NOTE
ページ top