最終更新日:2013.10.28
名称

クロベ(黒檜)

ネズコ
学名
Thuja standishii
分類
Cupressaceae
Thuja(トゥヤ)
名の由来
「クロベ」は、葉裏が白くない檜、つまり「黒檜(くろべ)」で、葉裏が白い「シラビソ(白檜曽)」を「白檜(しらべ)」と呼ぶのに対応して。ただし「シラビソ」はマツ科モミ属。
「ネズコ」は、材がねずみ色を帯びることから。
性状
高木/常緑/雌雄異花
大きさ
高さ:20~30m/果径:1cm
形態
枝は太く、円錐形の樹冠を作る。主幹は直立するが、よじれが出やすい。樹皮は赤褐色で、鱗片状に剥がれる。葉は鱗片状で、裏面に目立たない気孔線がある。3~4月頃、目立たない花を咲かせる。雄花は円柱形で葉の先端につき、雌花は球形。球果は卵球形で上向きにつき、10月頃、黄褐色に熟して開裂する。
類似
葉は「ヒノキ」より大きく、「アスナロ」より小形。
原産地
日本(本州~四国)。木曽地方に多く分布。
生育
山地や亜高山に自生。
利用
材は建築、器具材に利用される。樹皮は火縄に用いられた。
クロベ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2013.10.3
クロベ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2013.10.3
クロベ
葉表
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2013.10.3
クロベ
葉裏
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2013.10.3
クロベ
球果(未熟)
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2013.10.3
NOTE
ページ top