TOPへ戻る
最終更新日:2016.7.19
名称

トサミズキ(土佐水木)

英名
Spike winter hazel
学名
Corylopsis spicata
名の由来
「トサミズキ」は、自生地が土佐で、葉が「ミズキ」に似ているので。
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:2~4m/葉長:5~10cm/花序長:10cm/花長:1.5cm/果長:0.8~0.9cm
形態
枝はやや分枝し、株立ち樹形になる。若い枝は分岐点で屈折する。葉は先が尖った円形〜心形で、葉脈に沿って凹凸があり、鋸歯があり、互生する。葉の裏面や葉柄には毛が密生する。3~4月頃、葉の展開に先立って、7~10個の花からなる花序を作り、薄黄色の花をぶら下げるように咲かせる。花弁は5枚、雄しべは5本で、葯は暗赤色。雄しべは花弁と同じくらいの長さ。花序軸には毛が密生する。果実は球形の蒴果。
類似
「トサミズキ」は大型で、花序軸は無毛で、ひとつの花序に付く花数は1~3個で、葯は暗赤色。
ヒュウガミズキ」は小型で、花序軸に毛が密生し、ひとつの花序に付く花数は7~10個で、葯は山吹色。
キリシマミズキ」は大型で、ひとつの花序に付く花数は7~10個で、葯は山吹色。
シナミズキ」は大型で、ひとつの花序に付く花数は10~15個で、葯は山吹色。花に芳香がある。
品種
葉色が黄色い園芸品種がある。
原産地
日本(高知県)
生育
寒さにはやや弱く、庭植えできる北限は関東あたりまで。日当たりを好む。樹形は自然に整うので、剪定はあまり必要ない。
利用
庭木、公園樹、花材。
トサミズキ
東京都文京区、小石川植物園
2006.3.18
トサミズキ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.3.29
トサミズキ
「トサミズキ」(右)と「ヒュウガミズキ」(左)
東京都新宿区、戸山公園
2007.4.19
トサミズキ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.3.29
トサミズキ
東京都新宿区、戸山公園
2007.4.19
トサミズキ
東京都文京区、小石川植物園
2006.3.18
トサミズキ
東京都文京区、小石川植物園
2006.3.18
NOTE
TOPへ戻る